Error get alias
国後島
国後島は、大千島列島の最南端の島です。アイヌ語で「黒い島」を意味する。黒っぽい針葉樹林に覆われていることから、この名がついた。
島の総面積 - 1490平方キロメートル、123キロの長さ、7キロの最も狭い場所での幅、最も広い幅 - 30キロ。クナシールの隣人は、北海道の日本の島とロシアのイトゥルップです。
クナシール島には数多くの見どころがあり、中でも柱状節理、メンデレーフ火山、ゴロヴニン火山カルデラ、テチヤ火山は素晴らしいものです。1984年、クナシル地方のユニークな自然遺産を保護するため、国立自然保護区「クリルスキー」が設立されました。
クナシール島
クナシール島見所
メンデレーエフ火山
火山の火口や斜面、ふもとにある、光るガスや蒸気の発生源です。噴気孔から火山ガスが放出されることは、火山が噴火の中間段階に移行したこと、あるいは完全に消滅したことを示す証拠である。メンデレーフ火山へのハイキングは、自然が好きな観光客、真のナチュラリストのためのものです。
ゴロヴニン火山 沸騰する湖と熱い湖
千島列島の最南端にあるゴロヴニン火山は、クナシールの人気ルートなので、保護区の境界までバギーで行けるほどの轍があります。カルデラ内には、ホット湖とボイル湖の2つの湖がある。より広大なゴリャチーでは、実は水は冷たい。広々としたゴリャチ湖は、実は水が冷たい。湖はほとんど新鮮で、小川の河口には小さな魚が住んでいる。沸騰湖の水温は36〜38度で、金属光沢がある。湖底には温泉や噴気孔、泥壺がたくさんあり、100度の噴流に簡単に入ることができるため、遊泳は禁止されている。
HUNDRED BEACH
クナシールには、世界の真の驚異である柱状節理があります。ストロブチャトニー岬は、メンデレーフ火山の噴火によってできた岬です。岩全体は六面体と五面体の規則正しい柱で構成され、その高さは場所によっては50メートルに達します。ストロブチャトニー岬は世界重要記念物としてユネスコの登録に入りました。すべての真の旅行者は、この場所を訪問する必要があります。
ヴァルカンファザー
1万2千年以上も活動を続けている2つの円錐形の火山、ティアティヤ。アイヌ語で「チャチャ・ヌプリ」、つまり「父なる山」という意味である。日本人がこのアイヌ語の名前を歪めて、テチヤ(テチヤダケ)と呼ぶようになった。1977年の噴火で上端30〜50メートルが破壊されたため、噴火前の標高は1819メートルであったが、現在ではその高さは確認されていない。十分に準備された参加者だけが、ティアティア火山に登ることができます。また、火山への海上渡航は、天候が良い時のみ可能です。
すべてを見てください
ツアーと遠足
あなたは、
質問をしますか?
あなたが個人データの処理に同意して、同意するボタンをクリックすることによってプライバシーポリシー