何を見るか
やる事
何を食べれば良いか
滞在場所
ツアーと小旅行
役立つ情報
EN
RU
サハリン
択捉島
国後島
色丹島
自然の遠足
サハリンの史跡
アクティブエンターテインメント
釣り
美食ツアー
狩猟
産業観光
КРАБЫ
サハリン
択捉島
国後島
色丹島
КРАБЫ
サハリン
択捉島
国後島
色丹島
複合ツアー
お好みのツアー
サハリン料理
珍味
カニ
赤キャビア
クリルホタテ
КРАБЫ
サハリンの季節
パス
輸送
ツアー予約条件
ユジノサハリンスク
«SLEPIKOVSKYのケープ»
期間
日中

季節
4月~11月

原価
4000 RUB. (あなたは何時間も灯台守ハウス+ 2を加えることができます+ 1000 RUB.)
ルート
G. ユジノサハリンスク-KHOLMSK-S. KOSTROMSKOYE-SLEPIKOVSKY岬-G. KHOLMSK-批評サイト(KHOLMSKYは通ります)-G.ユジノサハリンスク

どちらが含まれますか
コンダクター・インストラクター
輸送

何をあなたと一緒に持っていくべきですか
日の食物
水/茶
カメラ
快適な靴/衣類(季節によると)
Slepikovsky岬は、サハリンの南西部海岸の上の保存された野生生物の少ない角の1つです。1995年に、特に保護された自然地域は、つくられました ― 自然な記念碑「Slepikovsky岬」。そして、「赤い本」が成長して、若干の種(たとえば、極東のコイ)がサハリンで他のどこにもまだ見つからなかったから以外はも、ここで生きるからだけでない。1905年までは、岬は野戸呂と呼ばれていました。そして、1934年に、野戸呂灯台は名前を変えられたOtoro misaki岬に建設されました。そして、それは今日まで生き残りました。
活動中に1905年の日本人に対する南部サハリンの防衛で勇敢な殺された死であったChipisanskyグループshtabs-キャプテンBronislav Vladislavovich Grotto-Slepikovskyの指揮官を記念して、岬は現代の名前を受けました。そして、もちろん、あなたはこの場所の並外れた美しさに魅了されます。実際、岬は、誇りをもって23メートル上がって、日本の灯台を立てます。そして、1940年に造られます。これは、Karafutoの知事職の間、建設される灯台の終わりです。(灯台を訪問することは遠足(実際には保護された物)に含まれません)。あなたは、Kholmsky PassとKholmskの港町でも観察サイトを訪問します
イベントのプログラム:
1日
  • 9:00-ユジノサハリンスクからの出発
  • 11:00-Slepikovsky岬
  • 12:00-13:00-海岸に沿ったWalk
  • 14:00-Kholmsk(昼食)のArrival
  • 16:00-Viewingプラットホーム(Kholmskyは通ります)
  • 18:00-ユジノサハリンスクへの到着
あなたは、何時間も、灯台守ハウス+ 2を加えることができます + 1000 RUB.
予約
より速いコミュニケーションのために、即座のメッセンジャーのどれにでも手紙を書いてください
TELEGRAM
WHATSAPP
あなたが個人データの処理に同意して、同意するボタンをクリックすることによってプライバシーポリシー
Made on
Tilda